有馬玩具博物館で起こるさまざまな出来事、出会いの記録。皆様からのご意見やご感想もお待ちしております。
by Gyunta
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
ぎゅん太のコネ


有馬玩具博物館



ネットショップ有馬里MERCADO

ぎゅん太が紹介するおもちゃとかのショッピングサイト


有馬里

有馬情報サイト

●有馬ブログ
これ見るべき!でもここから流れてくる人のが多いから既に見てるかも?
Fuchtner 工房訪問
初日、最後に訪れたのは“クルミ割り人形の生家”フュヒトナー工房です。初代ゴットヘルフ フュヒトナーさんがドレスデンのクリスマス市で木製品を売り始めて以来、250年の伝統のある工房です。
e0095278_169951.jpg
中では、7人の職人さんがとても静かに作業をされていました。ろくろのある部屋で、現在6代目のフォルカー フュヒトナーさんがクルミ割り人形の帽子を作る工程を見せて下さいました。5種類位の刃物と金槌を使い分け、丸く削っておいた角材がどんどん形になっていきます。
e0095278_1692026.jpg
フォルカーさんのお父様はクルミ割り人形を組み立てていらっしゃいました。
e0095278_1693132.jpg
クラシカルなデザインがこの工房の魅力で、当初から変わっていないデザインのものもありました。フュヒトナー工房で作られたクルミ割り人形の箱にはドイツ語で“クルミ割り人形の生家”と書かれており、作品の裏には全て焼印が押され、最後にフュヒトナーさんの直筆サインが書き込まれます。
 工房の奥の壁に、職人さんの写真が掲載された高島屋のポスターを見つけました。以前ドイツのイベントが開催された時、招待されたようです。この工房の様に昔から変わらない手作りの素朴な人形が、色んな場所で人々の目に触れ、大切に愛され続けていきますように...。
[PR]
by gyunta | 2007-03-27 16:09
<< klaus Merten 工房訪問 Walter Werner/S... >>


カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
子供を伸ばす子育て,教育..
from 子供を伸ばす子育て,教育の名言
商人閑居して・・・
from 有馬温泉ブログ
春来菜と落語とおもちゃの会
from 有馬温泉ブログ
趣味の王様 鉄道模型
from 有馬温泉ブログ
コラボレーション
from 有馬温泉ブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧